肩こりは女性に多い!その原因と解消法 – 石原新菜ブログ|健康ソムリエ

Nina Blog 石原新菜ブログ

肩こりは女性に多い!その原因と解消法
2020.03.27

肩こりは仕方がないものと諦めている人へ

みなさん、こんにちは!
さて今回は、季節の変わり目に多い不調の第2弾!
肩こりについてお話ししたいと思います。

私もかつては肩こりがひどく、アンメルツヨコヨコがずっと手放せませんでした。。
でもね、治せるんですよ。だって、今は私、肩こりなんてないんですから!

肩こりの原因は、冷えによる瘀血!

パソコンやスマートフォンを触る時間が本当に増えましたね。
長時間同じ姿勢をとり続けることになるから、肩こりを自覚する機会も相当増えたのではないかと思います。

肩こりは、伝統医学的に言うと瘀血(おけつ)と呼ばれる状態です。
瘀血とは血の巡りが悪く滞っているということ。肩のまわりがうっ血して、痛みの症状が現れているんですよね。

血の巡りが滞るのは、からだの冷えが原因です。
肩をマッサージしてもらったり、たたいてもらったりするととてもラクになりますが、
あれは肩の筋肉を刺激することでこりがほぐれて滞っていた血液がスムーズに流れ出し、一時的とはいえ、冷えが解消した結果なんです。

からだの冷えを招くのは、余分な水

瘀血、すなわち血液の滞りはからだの冷えが原因。
ではからだの冷えは何が原因だと思いますか?
答えは、水。正確に言うと、からだに不要な余分な水分です。

水ってからだによさそうだし、実際、健康のために水をたくさん飲んでいる人も多いと思います。でもね、からだの中に不必要な水をため続けるのは毒。

伝統医学では「水毒」といって、いろいろな体調不良を招く原因になるんです。

濡れた水着をずっと着ていたら、からだは冷えますよね?雨に濡れたまま、着替えずにいたら、寒くなってきますよね?もしかしたら風邪をひいてしまうかもしれません。
からだの中に余分な水をため続けるというのは、つまり、そういうことなんです。

ちなみに、冷たい水だから冷えるんじゃないか、あたたかい白湯だったらいいんじゃないの?と思った人。ブー、残念、間違いです!

飲むときにあたたかくても、時間がたてば、白湯も冷めます。あたためる持続性が弱く、冷めてしまえばただの水。必要以上に飲めば結局水毒となり、からだを冷やすことになります。

肩こりをスーッと和らげるカンタン解消法

肩こりが当たり前になり過ぎると、「いつものことだから」と軽く考えてしまいがち。

でもそのまま放っておいたら、首が動かせなくなったり、腕が上がらなくなったり、さらに悪化して、頭痛や吐き気、むくみ、だるさ、肥満、生理痛などの不調を招いてしまうかも!

カンタン過ぎる肩こり解消法を紹介するので、騙されたと思ってぜひ一度試してみてください。

解消法1:背中にカイロを貼る

1)左右の肩甲骨の間に、カイロを貼る。

肩まわりの血流がよくなるので、肩こり解消に効果てきめん。
ただし、薄い素材の生地などで低温やけどを起こさないように注意してください。

解消法2:バンザイ体操

1)両手を上げて、ひじとわき腹を伸ばしてバンザイ。勢いよく上げ下げする。
2)1)を2~3回繰り返す。

座ったままでも、立った状態でもOK。
肩の筋肉がほぐれ、痛みがスッと引いていきます。

解消法3:アイソメトリック運動

1)両手の親指以外の4本の指で、片方を上、もう片方を下に組む。
2)組んだまま、左右に強く引っ張り、7秒キープ。
3)左右の手を上下組み替えて繰り返し。

見た目にはどこも動いていないように思えますが、筋肉をしっかり刺激しているので、肩まわりがポカポカしてきますよ。

デスクワークや読書など、同じ姿勢を1時間続けたら、からだを伸ばしたり回したりするクセをつけるといいですね。

ちょっとひと息つきたいときには、しょうが紅茶がおすすめ。
あたため効果が高いうえに、利尿作用があるので余分な水分も排出してくれます。
ただし、飲み過ぎには注意してくださいね!

\お気軽にお越しください/

資料請求
資料請求健康ソムリエのパンフレットや講座案内資料を郵送でお送りいたします。
受講説明会
受講説明会健康ソムリエの基盤となる考え方や知識をご説明。オリジナル薬膳茶体験も人気!

PAGE TOP