女性の尿漏れ:くしゃみをして、アッと思ったら… – 石原新菜ブログ|健康ソムリエ

Nina Blog 石原新菜ブログ

女性の尿漏れ:くしゃみをして、アッと思ったら…
2020.08.14

からだが冷えると気になるアレ

みなさん、こんにちは!
暦の上では秋とはいえ、まだまだ暑いですね。

今回のテーマは尿漏れ。

寒い冬はもちろんですが、今のように空調でからだが冷える時期も、密かに気にしている人が多いんじゃないでしょうか。

女性が尿漏れになりやすい理由とは

尿漏れは、口には出しにくいけれど、悩んでいる人は結構多い症状です。

出産経験者の3~4人に一人が悩んでいるというデータもあるくらい。そして、出産の回数が多いほど尿漏れを起こしやすくなります。

どうして尿漏れになるかというと、骨盤底筋という筋肉が伸びてしまうのが大きな要因です。

骨盤底筋は、おなかの中にある内臓や脂肪を支えている筋肉で、男性にも女性にもあるもの。ただ女性の場合は、骨盤底筋に尿道、膣、肛門と3つも穴があいているのでちょっと大変なんですよね。

とくに膣。出産時の赤ちゃんは3キログラムくらいあります。その3キロある赤ちゃんが骨盤底筋にあいている膣から出てくるわけ。

それも、瞬間的にボンと出てくるわけじゃなく、時間をかけて回転しながら骨盤の中を通って、出てくるんです。赤ちゃんが回転しながら骨盤の中を通ってくることで、周囲のじん帯や筋肉が伸びたり、傷ついたりするんですね。

女性に多い尿漏れの種類

こうして起こるのが腹圧性尿失禁というタイプの尿漏れ。出産経験者で尿漏れがある場合、ほとんどがこのタイプです。

尿漏れは、ほかに過活動膀胱、混合性尿失禁、神経性頻尿などがあります。

過活動膀胱

水などを触っているときに突然尿意を感じる症状。女性の15人に1人が悩んでいるといわれていて、一番の原因は、骨盤底筋のゆるみやたるみです。

混合性尿失禁

腹圧性尿失禁と過活動膀胱の混合型。30~40代に多い症状です。

神経性頻尿

神経性頻尿だけは少し違っていて、精神的なストレスが原因。少しの尿意ですぐにトイレに行きたくなってしまいます。

尿漏れを伝統医学的に説明すると…

尿漏れの大きな要因は骨盤底筋にあるというお話をしてきました。これを伝統医学の視点で見ると、ちょっと違った説明になります。

伝統医学的に言うと、尿漏れというのは腎虚のあらわれなんです。腎虚とは、下半身の衰えのことで、生命力が弱っている状態を言います。一言にまとめると、老化ですね。

40歳も過ぎれば、誰だって足腰にガタが出始めます。冷える、痛い、しびれる、つる、むくむ…などなど、いろいろありますよね。これ、ぜ~んぶ腎虚のせいなんです。

若いときは下半身の筋肉が発達しているから、下半身の血流がとてもいいんです。下半身の血流がいいということは、下腹部にある臓器の血流もいい。だから元気なんです。

でも残念なことに、下半身の筋肉は年齢とともに減っていくんです。そのせいで下半身の血流が悪くなり、臓器の血流も悪くなって、あちこちにガタが出始める…。

その一つが尿漏れなんです。

骨盤底筋を鍛える!簡単トレーニング

対策には下半身の強化が大切。
とくに骨盤底筋の強化が重要ですよね!

簡単で、さりげなく、いつでもできる運動を紹介するので、ぜひ習慣にしてくださいね。
名付けて、「肛門ギュッ」トレーニング!

◎「肛門ギュッ」トレーニング

1)肛門のあたりを意識して、ギュッと力を入れて締める。
2)その状態で5秒キープしたら、力をゆるめる。
3)これを10回繰り返す。

いすに座っているときでも、電車で立っているときでも、信号待ちしているときでも、他の人にはバレませんから、ギュッ、ギュッとしてくださいね!

この運動では、膣や尿道のあたりも一緒に刺激することになり、骨盤底筋全体をきたえることができますよ。

もう一つ、寝る前にベッドでできる方法も紹介しておきます。

これは、名付けて「お尻上げ」トレーニング!ひねりも何もないですね…。

◎「お尻上げ」トレーニング

1)仰向けになって両足を伸ばす。
2)両ひざを立てて、その状態からお尻を上げ、5秒キープ。
3)力をゆるめてお尻を下げる。
4)10回くりかえす。

テレビを見ながら、床に寝っ転がってやってもいいかも!

骨盤底筋トレーニングをすると、子宮や卵巣の血流が改善できるので、生理痛の解消にもいいですよ。

あとは、女性ホルモンの分泌が高まるから、美肌やアンチエイジングにも!
ぜひ、続けてみてくださいね。

\お気軽にお越しください/

資料請求
資料請求健康ソムリエのパンフレットや講座案内資料を郵送でお送りいたします。
受講説明会
受講説明会健康ソムリエの基盤となる考え方や知識をご説明。オリジナル薬膳茶体験も人気!

PAGE TOP