私・石原新菜が、『健康ソムリエ』の講師になったワケ – 石原新菜ブログ|健康ソムリエ

Nina Blog 石原新菜ブログ

健康と美しさに必要なこと

みなさん、こんにちは!

今回は、私がなぜ『健康ソムリエ』の講師になったのか、についてお話ししていきますね!

私が健康ソムリエの講師になった理由。
それは、女性が美しく健康であるために、本当は何が大切か、ということに深~い関係があるんです。

美しく健康であるために大切なことは何かというと、それは“あたためる”ことなんですね。

「それだけ?」って思いますよね。

そうなんです。じつは、かつての私も、あたためることの大切さを全然分かっていなかったんです。

私の父である医師・石原結實は、長寿地方として有名なコーサカス地方やスイスなどで最前線の自然療法を研究しており、幼いころから、あたためることの大切さをずーっと言われ続けてきたんです。

でもね、若いときって少しくらい無理したって平気でしょう?

だから、その価値って、全然分からないんですよね!

“冷え”と“あたため”波乱万丈ストーリー 【私の場合】

ここで、父からどんな教育を受けてきたのか、私の生い立ちとあわせてご紹介しますね。

私こと石原新菜は、四人姉妹の長女として生まれまして母がスイス人なので、幼いころはスイスで暮らしていました。

そして当時すでに、父の“あたためスパルタ(!?)教育”は始まっているんです。

石原新菜の生い立ち

生後6か月

離乳食で、初めてにんじんりんごジュースを飲む。
それからは毎日のように飲んで育つ。

物心つき

お風呂は、どんなに疲れていても、毎日絶対に、湯ぶねに浸かるよう言いわたされる

小学生時代

「とにかく運動するように」とうるさく言われ、陸上やバドミントン、水泳などをつづける。「下着は着けなくても、腹巻きだけは忘れるな」と言われ、以後、腹巻きを着用

中学生時代

「朝食は食べなくてもいいから、にんじんりんごジュースだけは必ず飲め!」と言われるも、朝は眠くて「飲みたくない!」とプチ反抗

高校時代

医学部を目指すも、現役では不合格。静岡から上京し、予備校通いをすることに

浪人時代

一人暮らしで、朝から晩まで勉強漬け。にんじんりんごジュースを飲まなくなる

大学時代

勉強が忙しく、お風呂は湯船に浸からずシャワーだけ、腹巻きをしない、コーヒー&ビールをガブ飲みという生活に。体重は10kgも増加、肌荒れも

国家試験と入籍

国家試験に向けて猛勉強。生活はあいかわらず不規則。国試合格と同時に入籍はしたものの…

研修医時代

36時間勤務が週3回という激務。ハードな毎日に生理が止まる!父に相談したら、大量の腹巻きが送られてきた!食生活や入浴の指導も

生活改善

お風呂は毎日湯ぶねに浸かり、運動し、食生活をととのえたら半年ほどで生理が戻り、ホッとする

娘を授かる

医師3年目で長女を出産。
父のもとで漢方を学びながら、次女を出産。子どもたちにも腹巻きを着けさせる

にんじんりんごジュースってなに?という方へ

できあがったジュースは一気に飲むのではなく、噛むようにゆっくり飲むといいですよ!
にんじんりんごジュースというのは、人間の体に必要なビタミンと、ミネラルがほとんど含まれている健康ドリンク。
にんじん2本とリンゴ1個を皮ごと切ってジューサーにかけると、コップ2杯分くらいの量が作れます。

“あたため”を怠るとこうなる! 【私の場合】

私自身は、もともと体が冷えやすい体質です。
でも、冷たい飲み物が大好き!

学生時代は、のどが渇けばミネラルウォーターやアイスコーヒーをゴクゴク。

便秘気味でもあったのですが、ビールを飲むと下痢になるのをいいことに、便秘のたびにビールもガブガブ。

今でもビールは好きです 笑

さらに、当時、チビTが流行っていたから、へそ出しルックで、そりゃもう、腹巻きなんてするわけがないですよね!

その結果、生理が止まったことはお話ししましたが、じつは、それだけではなかったんです

それ以外にも、

  • 便秘(放っておいたらいつ出るか分からない)
  • 生理不順(40日くらい間隔があく)
  • ニキビ(巨大なものがたくさん顔中に)
  • 足のむくみ
  • 多汗症(ワキの汗がものすごい)
  • 膀胱炎・カンジダ膣炎(いつも試験勉強中になる)
  • 頭痛
  • 肩こり(アンメルツよこよこが手放せない)
  • 歯ぐきから出血

自分で言うのもなんですが、20代も前半の若者とは思えません。。。

体をあたためず冷やしたままでいると、こういうことになっちゃうんです。

どうですか?あたためることの大切さ、少しは伝わりましたか?

『健康ソムリエ』講座のこと

毎回素敵な方が集まってくださいます

現代人は、慢性的な運動不足で筋肉が不足しているし、からだを冷やす水分や食べ物をとりすぎていて、からだが冷たい人が、本当に多くなっています

大人だけでなく、これから日本の将来を背負っていく子どもたちにも、平熱が35℃台の人が増えています。だから、若くして病気になる人も増えてしまうんですよね。

本当にね、“冷えは万病のもと”!

健康な体があるからこそ、やりたいことができる。

仕事や夢に向かっていくことができるんですよ。

趣味にも没頭できるし、美しさだって磨くことができる!

“あたためる”ことって、本当に本当に本当に、大切なことなんです。

だから、皆さんに知ってほしい。

日本中、世界中の人に広めたい!

そう思って、テレビやラジオ、書籍や講演などなど「温活」と称して、いろいろなところでお話しをさせていただいているのですが、そんな中で出会ったのが『健康ソムリエ』だったんです。

健康ソムリエのコンセプトは、“こころとからだをあたためる”

“あたためる”ですよ!
この講座の講師を、私がやらずして誰がやるの!
理事長と理事の岡田さんからお話をいただいて、是非やりたいと思いました。

理事の岡田さんと私^^

健康ソムリエの講座ではあたためることがなぜいいか、どうやってあたためるのか、伝統医学と現代医学の両面から楽しくわかりやすく解説しています。

もしも興味をもってくださったら、ぜひお越しくださいね!

私が講師をしている健康ソムリエ講座の無料説明会を実施しています。
ご自身の健康状態の把握や、薬膳茶や実技のプチ体験なども実施していますので、良かったらご参加くださいね♪

\お気軽にお越しください/

資料請求
資料請求健康ソムリエのパンフレットや講座案内資料を郵送でお送りいたします。
受講説明会
受講説明会健康ソムリエの基盤となる考え方や知識をご説明。オリジナル薬膳茶体験も人気!

PAGE TOP